配送の仕事

軽貨物業界で働くには?

軽貨物配送の仕事に興味があるという場合、どのようにその仕事に就くのかということが気になるのではないでしょうか。そこで、軽貨物配送の仕事を始める時のことについてご紹介したいと思います。

 

軽貨物配送の仕事を始めるには、車両と加盟金が必要です。軽貨物配送の仕事は、個人事業主として引き受ける仕事になり、仕事に関する経費は全てドライバーに自己負担ということになるようです。ドライバーは個人事業主になるので、自身の車で配達を行っていくという請負という形で仕事を行っていくようです。

 

この点が軽貨物運送業という仕事の大きな特徴といわれています。軽貨物配送の仕事は依頼主から業務委託で直接仕事をもらったり、依頼主の仕事依頼を受けた運送会社の下請けという形で受けています。現状では、軽貨物配送の仕事ほとんどの場合が運送会社からの下請だといわれています。

 

下請けなので業務委託という形で取引を行うということになります。業務委託ということは、依頼主との直接雇用関係というのではなくて、企業同士が行う取り引きに近い形の契約形態です。依頼を受けた軽貨物配送の仕事を行うドライバーは、依頼主の会社へ直接出向いて配送の仕事をするということになるのです。

 

このような形態では、紹介を行う会社によって軽貨物配送の仕事の募集が行われ、契約がなされているのです。また、軽貨物配送の仕事では、業務上必要とされている経費などは全てドライバーが負担をするということになっています。